【ECサイト事例】Nishiki ProとWoocommerceプラグインを組み合わせたサンプルサイトを作ってみた感想レビュー

【基礎知識】SWELLのFAQブロックの使い方
初心者

Nishiki ProってECサイトって作れるの?
WooCommerceプラグインと相性いいの?
どんなデザインのECサイトが作れるかサンプルを見てみたい…

そんな疑問に答えます。

有料テーマとプラグインを組み合わせて簡単にECサイトを作れたらいいですよね?

僕は有料テーマ「Nishiki Pro」の製品版ライセンスを持っているユーザーです。無料の「WooCommerce」プラグインを使ってECサイトを作ってみました。どんなデザインのECサイトができるかを紹介します。

この記事を書いた人
  • IT業界22年のベテラン エンジニア
  • WordPressで企業サイトの構築しています
  • 取り扱いWordPressテーマは300個オーバー
SWELLマニアの かんた です
目次

【サンプルサイト】Nishiki Proで作ったECサイト

【サンプルサイト】Nishiki Proで作ったECサイト

まずは僕がNishiki Proを使って制作した、サンプルのECサイトを紹介します。

サンプルサイト

ECサイトの構成要素

先程のサンプルサイトの構成要素についてです。

内容公式ページ
Nishiki Pro ダウンロード
WooCommerce ダウンロード
Nishiki Pro for WooCommerce ダウンロード
ECサイト構成要素
かんた

それぞれ解説します。

Nishiki Pro

サンプルサイトで有効化しているテーマは製品版のNishiki Proです。

テーマは利用時に利用できる最新バージョンの1.0.268です。

CSSとJSを少し追加してデザインをアレンジしました。テーマ内のテンプレートファイルは変更していません。

WordPress有料テーマの中には、ECサイト系プラグインと相性の良くないものがあります。相性が悪いと正常に動作しなくなるのでテーマの選定は重要です。

Nishiki Pro公式サイトでWooCommerceプラグインが利用できると紹介されていたので、テーマ開発者のお墨付きです。

かんた

ちなみに公式サイトにはWooCommerceプラグインを使ったサンプルサイトが掲載されています。

WooCommerce

世界規模で人気のWordPresss専用ECサイト制作プラグインです。WordPress公式ディレクトリーに公開されていて、誰でも無料で利用できます。

EC系のプラグインは色々ありますが、海外のプロダクトが多く日本語対応していないものがほとんど。 WooCommerceは日本語に完全対応しているのが嬉しいポイントです。

日本のメジャーなクレジット決済代行会社とも連動可能。簡単にクレカ決済を導入できます。

うっかり決済しないよう、サンプルサイトでは決済システムは導入していません

Nishiki Pro for WooCommerce

Nishiki Pro for WooCommerceはNishiki Pro開発会社が提供しているプラグインです。このプラグインを使うことでNishiki ProでWoocommerceの導入・カスタマイズが行えるようになります。

有料テーマの開発会社が自社テーマをWooCommerce対応しているケースって珍し印象。機能が豊富でデザインがオシャレな有料テーマをWooCommerceで使いたいってニーズはあるはずなんですが、技術的な問題があるんでしょうね。

かんた

特にサードパーティーのプラグインのアップデートに付いていくのはシンドイですからね。

制作にかかる費用は?

Nishiki ProでECサイトを作る場合にかかる費用についてです。

初期費用

内容価格
Nishiki Pro 17,800円(税込み価格)
WooCommerce無料
Nishiki Pro for WooCommerce6,800円(税込み価格)
ECサイト制作の初期費用

合計で24,600円。以上がNishiki ProでECサイト制作に必要な費用です。

Nishiki ProとNishiki Pro for WooCommerceは買い切りタイプなので、ライセンスの更新料金などはありません。

かんた

1度支払いをすれば、追加料金はなし。

月額費用

内容費用の目安
レンタルサーバー500円~1,000円
クレジットカード決済代行会社会社ごとに異なる
ECサイトの運営費用

まず必須なのがレンタルサーバー。WordPressが使えて、Nishiki ProとWooCommerceの要件を満たすレンタルサーバーが必要になります。サーバーは一般的な共有レンタルサーバーで十分。

かんた

サンプルサイトはエックスサーバーの「スタンダードプラン」です。

ユーザーの決済にクレジットカード決済を導入する場合は、クレジットカード決済代行会社との契約が必要になります。決済代行会社はスマホのキャリアのように事業者ごとに料金システムが違います。

月額料金が無料で決済ごとの手数料が高い会社もあれば、月額料金が定額制で決済処理ごとの手数料が安いといった会社があります。

決済代行会社の費用

費用の種類説明
初期費用契約時に支払う費用。
無料の代行会社もありますが、そういった会社は決済手数料が割高だったりするので必ず決済手数料を確認しましょう。
月額費用毎月支払う費用。
変動性といった料金システムの事業者もあります。
決済手数料買い物の決済のタイミングで発生する手数料。
固定の会社もあれば、売上に対してパーセンテージで課金する会社もあります。
決済代行会社の料金システム

Nishiki ProでECサイトを作るメリット

Nishiki ProでECサイトを作るメリット

WooCommerceは色んなテーマで使えるプラグインです。もちろん無料で使えるテーマの中にもWooCommerceに対応しているものがあります。お金を支払ってNishiki Proで作るメリットについてです。

メリット

  1. 有料テーマの豊富な機能を使える
  2. 困った時のサポートがある
  3. 無料で参加できるオンライン勉強会がある
かんた

それぞれ解説します。

【メリット①】有料テーマの豊富な機能を使える

無料テーマと有料テーマの大きな違いは「機能」。有料テーマは全体のレイアウト調整する機能や記事を装飾する機能が豊富です。

Nishiki ProでECサイトを作る場合、テーマに搭載されている機能がそのまま使えます。

Nishiki Proオリジナル機能の一例

  • メインビジュアルに動画を配置
  • スライダーブロック
  • カウントダウンブロク
  • ブロークングリッド
  • アニメーション
  • レーダーチャート
  • 絞り込み検索機能

【メリット②】困った時のサポートがある

サイト運営をしていると、何かしらの問題が発生します。自力で解決できるレベルの問題なら良いのですが、プログラム系の問題の場合は簡単に解決できません。

無料テーマでECサイトを作る場合、当然ながらサポートは期待できません。

Nishiki Proはサポート付きのテーマなので、トラブルやサイトの改善について相談できます。

【メリット③無料で参加できるオンライン勉強会がある

Nishiki Proテーマの開発者さんは、不定期にオンライン勉強会を開催しています。

勉強会の内容はNishiki Proの使い方だったり、WooCommerceを組み合わせたサイト作りです。

勉強会の内容

  1. Nishiki Proを使った企業サイトの作り方
  2. Nishiki Proの新機能の紹介
  3. WooCommerceの使い方

テキストだけのマニュアルでは理解しにくいときがあります。オンライン勉強会では画面を共有しながら解説してくれるので初心者でも理解しやすいと感じます。

勉強会は後日動画がアップされることがあります。以下の動画は開発者さんが公開した動画です↓

勉強会はWordPressに詳しくない人でも理解できそうな初級者レベルが多い印象。

かんた

これからECサイト未経験の人にオススメしたいコンテンツです。

まとめ

WordPress有料「Nishiki Pro」と「WooCommerce」プラグインを使ったECサイトを紹介しました。

試しにECサイトを作ってみた感想ですが、それほど難しくはありませんでした。デザインをオシャレにするには多少のスキルは必要ですが、ECサイトまわりのシステムをノーコードで自作できます。

サンプルサイトは半日で完成。拍子抜けするぐらいアッサリ作れました。

ECサイト制作のプラットフォームを検討中という人はぜひNishiki Proでの制作にチャレンジしてみてください!

公式 WordPressテーマ「Nishiki Pro」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
先頭へ
目次
閉じる