【データ】A8メディアオブザイヤー2022受賞サイトのWordPressテーマまとめ

実際に使用した商品をレビューしています。アフィリエイト広告リンクを含みます。
【データで見る】A8メディアオブザイヤー2022のWordPressテーマ

大手ASP、A8.netが主催するメディアオブザイヤー2022の受賞サイトが2023年2月15日に発表されました。

個性的なデザインのサイトなどがあり、受賞サイトを見るのを毎回楽しみにしています。

さて今回は、受賞サイトで使っているWordPressテーマに注目してみました。

この記事を書いた人
  • IT業界22年のベテラン エンジニア
  • WordPressで企業サイトの構築しています
  • 取り扱いWordPressテーマは300個オーバー
SWELLマニアの かんた です
目次

【データ】受賞サイトのWordPressテーマのシェア

WordPressテーマ別のシェア

A8メディアオブザイヤー2022受賞サイトのWordPressテーマのシェア率についてでです。

対象は総合賞(1~3位)、新人賞、各部門賞(1~5位)のサイト。非公開サイト3件、WordPress以外のプラットフォームを利用しているサイト1件を除いた合計50サイトです。

SWELLのシェア率は62%

A8メディアオブザイヤー2022受賞サイトのWordPressテーマ
SWELL(62%)
31サイト
Cocoon(12%)
6サイト
JIN(12%)
6サイト
SANGO(10%)
5サイト
AFFINGER(4%)
2サイト
STORK19(2%)
1サイト
Bloom(2%)
1サイト
独自テーマ(2%)
1サイト

結果はご覧の通りSWELLの1強です。

対象50サイト中、31サイトがSWELLを利用。シェア率は62%と、ズバ抜けています。シェア率だけでもスゴイのですが、総合第1位と2位もSWELLユーザーのブログがワンツーフィニッシュ。各部門にもSWELLユーザーが入賞しています。

メディアオブザイヤー2022の受賞サイトとWordPressテーマ

メディアオブザイヤー2022の受賞サイトとWordPressテーマ

総合賞、各部門賞を受賞したサイトのWordPressテーマについてです↓

総合賞

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位アカリノオトSWELL
第2位スキルマニアSWELL
第3位家事代行カフェJIN
新人賞ククトロンの食材宅配な日常SANGO
総合賞

総合第1位と2位はSWELLです。

かんた

昨年2021年のA8メディアオブザイヤーでも総合第1位の受賞サイトはSWELLだったので、これで2連覇達成です。

グルメ部門

料理、お酒、食材宅配系のジャンルです。

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位珈琲ナビCoccon
第2位宅食部非WordPress
第3位お肉屋さんジョニーBLOGSWELL
第4位ミールキットマニアSWELL
第5位大豆ミートラボ SWELL
グルメ部門

上位こそCocoonに譲りましたが、3~5位は全てSWELLです。

暮らし部門

ペット・買取・ファッション・住宅・クリーニングのジャンル。

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位ぼたもちブログSWELL
第2位romologSWELL
第3位エアコンクリーニングの手引きSANGO
第4位ボナーズSWELL
第5位つきみにまる。SWELL
暮らし部門

3位を除き、全受賞サイトがSWELLです。

子育て・マタニティ部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位ちいたすSWELL
第2位楽しく学ぶ楽学JIN
第3位くまくまベビーSWELL
第4位ちいく村JIN
第5位べびすくSWELL
子育て・マタニティ部門

SWELLが1位を含む3サイトでの入賞。

ガジェット・回線・サーバー・スマホ部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位Gamingchair GeekSWELL
第2位家電ログCocoon
第3位しむきっずSWELL
第4位ガジェルバSANGO
第5位家電わんこログSWELL
ガジェット・回線・サーバー・スマホ部門

SWELLが1位を含む3サイトでの入賞です。

金融・仕事・資格・勉強部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位セカンドゴングSWELL
第2位転勤妻のおしごと事情.SWELL
第3位ノマド家JIN
第4位失敗から学ぼうSWELL
第5位中学受験(受検)のアレコレAFFINGER
金融・仕事・資格・勉強部門

SWELLが1位を含む3サイトで入賞です。

趣味・エンタメ・スポーツ・結婚部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位 どくがくおかしノート SWELL
第2位らむキャンSWELL
第3位非公開
第4位結婚相談所の攻略ブログPresia独自テーマ
第5位モテ婚STORK19
趣味・エンタメ・スポーツ・結婚 部門

SWELLが上位1位、2位を独占しています。

美容部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位非公開
第2位 ナイトブラ塾SANGO
第3位Chang-mi♥makeBloom
第4位HAIR CHILDREN ヘアーチルドレンSWELL
第5位非公開
美容部門

美容は非公開サイトが2件。

入賞サイトはSANGO、Bloom、SWELLです。ちなみにBloomはTCDで唯一入賞したテーマです。

健康・クリニック・ダイエット・トレーニング部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位おうち無添加SWELL
第2位無添加ママSWELL
第3位パーソナルジム#SWELL
第4位りすのこみちSWELL
第5位SleepeeSWELL
健康・クリニック・ダイエット・トレーニング部門

受賞サイト全てがSWELLというジャンルです。

旅行・地域・お出かけ部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位ツナグ旅Cocoon
第2位かりんのりんJIN
第3位ミエッタデイズSWELL
第4位アメリカ駐妻NaviCocoon
第5位電車でキャンプ△JIN
旅行・地域・お出かけ

Cocoon、JIN、SWELLが入賞しています。

その他部門

スクロールできます
順位サイト名WordPressテーマ
第1位ブログデザインラボSWELL
第2位eikaiwa journeySWELL
第3位HIRAKULOGSWELL
第4位親守りのススメSWELL
第5位パパの365日AFFINGER
その他部門

SWELLが上位1位~4位まで独占しているジャンルです。

【基礎知識】A8メディア オブ ザ イヤーってそもそも何だ?

A8メディア オブ ザ イヤーってそもそも何だ?

A8メディア オブ ザ イヤーは大手ASP、A8.netが主催するアワードです。

以下、運営サイトからの抜粋です↓

A8メディア オブ ザ イヤーとは、皆様にご応募いただいたサイトやSNS(Instagram・YouTube)投稿をA8.netのスタッフによる審査のもと、素晴らしいメディアを決定するものです。

引用元:公式運営サイト「A8メディア オブ ザ イヤー」

審査対象サイトは?

A8.netに登録しているメディア会員の運営サイト。

サイト運営者が指定のフォームから申請することで審査対象になります。

A8.net会員の運営サイトでも、本人が申請しない限り審査対象にはなりません。

審査基準は?

公式サイトによれば、次の審査基準があるとのことです↓

  • サイト・ブログや投稿のテーマが明確か
  • A8.netの広告が掲載されているか
  • 読者にとって有益な情報を載せているか
  • 写真・画像が分かりやすく使われているか
  • 広告が工夫して掲載されているか
  • オリジナリティ・個性が出せているか
  • 更新性があるか

受賞サイトを確認してみると、いわゆる雑記タイプのブログは見当たらず、コンセプトが明確なブログのみ受賞しています。

デザイン的にはブログ投稿がひたすらトップページに表示される旧型のブログデザインではなく、最近トレンドのサイト型デザインが多いことがわかります。

かんた

サイト型デザインを作りやすいSWELLが受賞サイトに多い理由の一つですね。

受賞するメリットは?

賞金、賞状、ノベルティ、アフィリエイトの担当者が付くというメリットがあります。

以下、賞金です。

総合賞

スクロールできます
順位賞金
総合1位100,000
総合2位50,000
総合3位30,000
新人賞10,000
総合賞の賞金(金額は税別)

部門賞

スクロールできます
順位賞金
1位10,000
2位7,000
3位5,000
4位3,000
5位2,000
部門賞の賞金(金額は税別)

その他

スクロールできます
その他賞金
入賞1,000
参加賞500
その他の賞金(金額は税別)

まとめ

A8メディアオブザイヤー2022受賞サイトで利用されているWordPressテーマについてでした。

この手の表彰は各ASPが毎年行っています。去年からSWELLユーザーのブログの入賞がかなり目立つなという印象を持っていましたが、改めて受賞サイトをデータにしてみると圧倒的にSWELLが多いことがハッキリしました。

僕はWeb制作を仕事にしていて、今回上位入賞したWordPressテーマは、ほとんど使った経験があります(SWELL、Cocoon、JIN、SANGO、AFFINGER、STOK19)。

SWELLは自由度が高く、サイト型デザインが作りやすいテーマ。アップデート頻度も高く、新機能の追加も多めという現在進行形で進化中のテーマ。もし、ボクが新規でブログ系のメディアを作るなら迷わずSWELLを選ぶでしょう。

かんた

今後もSWELLを利用したサイトが受賞しそうな予感です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次