【ライセンス】Katawaraって複数サイトで使いまわしできるの?

【比較】旧JINとJIN:Rの違い
初心者

Katawaraが気になる
複数のサイトで使いまわしできるの?
クライアント制作に使っても大丈夫かな?

そんな疑問に答えます。

WordPress有料テーマは販売事業者ごとにライセンスや料金システムがだいぶ違いますね?

Katawara」のライセンスについて、公式サイトの情報をまとめました。

公式 WordPressテーマ「Katawara」

この記事を書いた人
  • IT業界22年のベテラン エンジニア
  • WordPressで企業サイトの構築しています
  • 取り扱いWordPressテーマは300個オーバー
SWELLマニアの かんた です
目次

【基本情報】Katawaraって何?

【基本情報】Katawaraって何?


まずはKatawaraの基本情報です。

基本情報

商品名Katawara(カタワラ)
開発会社株式会社ベクトル
発売日2021年8月
価格11,000円(税込み価格)
公式サイトKatawara 紹介ページ
販売ページ公式販売ページ
Katawaraの基本情報

KatawaraはWordPressで利用するテーマです。

販売している開発会社は、WordPressテーマLightningを開発した株式会社ベクトル。株式会社ベクトルはKatawara以外にも、有料テーマのLightning ProやLightning G3やVK Filter Search Proなどを販売している事業者です。

かんた

WordPress業界では有名な会社の製品です!

Katawaraは複数サイトで使いまわしできるライセンスです

Katawaraは複数サイトで使いまわしできるライセンスです

結論を先に書くと、Katawaraは1つ購入すれば複数サイトで使いまわし可能です。

どちらもOK

  1. 自分の運営するサイト
  2. クライアントのサイト
かんた

公式サイトの情報を紹介します。

自分の運営するサイトを複数作る場合

まずは、自分の運営するサイトでの使いまわしについてです。Katawaraは1つ購入すれば自分の運営する複数サイトで使いまわしできるライセンスです。

2つ目以降のサイトにKatawaraを使う場合に追加料金は必要ありません。

かんた

公式サイトの情報を引用します↓

有償製品は複数のサイトに利用できますか?

弊社の製品はすべて100%GPLを遵守しております。利用者の使用を制限していません。複数のサイトで利用できますし、どのようなサイトにも利用できます。

公式サイト:よくある質問

WordPress有料テーマの中には、「1テーマ=1サイト限定」といったライセンス形態のものがあります。オープンケージの、STORK19やハミングバード、アルバトロスなどがこのパターンです。

そういったテーマとKatawaraを比較するとだいぶお得な印象です。

受注制作でクライアントのサイトを作る場合

受注制作でクライアントのWebサイト制作をするフリーランサー、制作事業者向けの情報です。

個人利用と同様に1つKatawaraを購入すれば、追加料金なしでクライアントサイトの制作をしても問題ありません。もちろん、複数サイトでの利用もできます。

かんた

販売サイトの公式情報を紹介します↓

受託制作などの場合は別途費用が発生しますか?

受託案件でも自由に利用いただいてかまいません。

公式サイト:よくある質問

仕事でクライアントサイトを作る場合に「特別ライセンスが必要」といったライセンス契約のテーマが多いので、Katawaraのライセンスは結構以外です。

Katawaraを販売している株式会社ベクトルの製品はテーマ、プラグイン全て追加料金なしで利用できます。

かんた

僕みたいなWebサイト制作事業者にとっては、ありがたいライセンスです!

WordPress有料テーマを販売している事業者さとデザインがオシャレで豊富なテーマを扱っっているTCDが有名です。

TCDのテーマを使ってクライアントサイト制作をする場合には「特別ライセンスが必要」です。特別ライセンスはテーマごとの契約で、テーマ代とは別に3万円です。

制作NGなジャンルはなし

Katawaraを使ったサイト制作ですが、利用禁止されているジャンルはありません

かんた

販売サイトの引用です↓

複数のサイトで利用できますし、どのようなサイトにも利用できます。

公式サイト:よくある質問

一部のWordPressテーマは、アダルト系など特定ジャンルでの利用を禁止しているものがあります。テーマのブランドイメージを保つ観点から利用規約上で明確に禁止していることがあるので、テーマ選びのさいは注意が必要です。

Katawaraの料金システムは「買い切り」

Katawaraは「買い切りタイプ」のライセンスです。一度支払うだけで追加料金はありません。

Katawaraを販売している株式会社ベクトルはLightning Pro、Lightning G3といった有料テーマを販売していますが、Lightningシリーズはサブスクタイプです。

テーマ名料金システム
Katawara買い切り
Lightning Proサブスク
Lightning G3サブスク
料金システムの違い

買い切りでも「アップデート」が付いている

買い切りテーマって、サブスクと違いアップデートされずに放置されるかも?」と心配する人もいるかもしれません。

Katawaraは買い切りですが、アップデートは無料です。

アップデート情報はテーマ開発会社のHPで確認できますが、WordPressのバージョンアップ対応や、不具合対応をリリース直後からしっかりしています(参考:Katawaraのアップデート情報

アップデート内容の一部

  1. WordPressのバージョンアップ対応
  2. 不具合対応
  3. 搭載機能の拡張

まとめ

WordPressテーマ「Katawara」のライセンスについて紹介しました。

Katawaraは複数サイトで利用できるライセンスです。1つ購入するだけで以下どちらのケースでも追加料金なしで複数サイトに使いまわし可能な点がポイントです。

使いまわしOK

  • 自分の運営するサイト
  • クライアントサイト
かんた

料金は買い切りタイプ。
Lightning ProやG3のようなサブスクタイプではありません。

公式 WordPressテーマ「Katawara」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次