【レビュー】デメリットを含めたVK Filter Search Proを利用した感想

【独自カスタマイズ】会員サイトをレベルアップ!
初心者

有料版を購入した人の感想をききたい…
ベクトル社製品以外のテーマでも使えるの?
無料版と有料版ってどう違うの?

そんな疑問にお答えします。

絞り込み検索プラグインのVK Filter Search Proを購入して使ってみました。

絞り込み検索が簡単に使えたらいいなー」と思い、TCDのGENSENや無料のプラグインもかなり試しましたが、どうもイマイチ。

同じような悩みをもっている方向けにVK Filter Search Proのプラグインの使い勝手をレビューします(プラグインの使い方は別記事で詳しく解説しています。

この記事を書いた人
  • IT業界22年のベテラン エンジニア
  • WordPressで企業サイトの構築しています
  • 取り扱いWordPressテーマは300個オーバー
SWELLマニアの かんた です
目次

【概要】VK Filter Search Proってどんなプラグイン?

【概要】VK Filter Search Proってどんなプラグイン?

まずはVK Filter Search Proプラグインの基本情報です。

VK Filter Search ProはWordPressで動作するプラグインです。静的なサイトでは使えません。WordPressのカテゴリー、タグ、タクソノミノーを使って高度な検索システムを作るプラグインです。

VK Filter Search Proの基本情報

基本情報
開発会社株式会社ベクトル
プラグインの名称VK Filter Search Pro(ブイケー・フィルター・サーチ・プロ)
価格29,700円 (税込み価格)
プラグインの用途絞り込み検索機能
発売日2021年4月22日
購入方法公式サイトからのオンライン決済
動作環境WordPress 5.6以上
ライセンス複数サイトで使える
VK Filter Search Proプラグインの基本情報

VK Filter Search Proプラグインを開発したのは株式会社ベクトル。WordPress公式ディレクトリーにも登録されている無料テーマLightningを作った会社です。

株式会社ベクトルは有料テーマも販売しており、2021年5月にはLightningの最新作Lightning G3 Pro Packをリリースしている事業者です。

かんた

WordPressユーザーならお馴染みの会社ですね。

どんな時に使うプラグインか?

僕はWebサイト制作の仕事をしています。

次のような案件での利用を想定して、VK Filter Search Proプラグインを購入しました。

こんな案件用

  • 不動産サイト
  • 転職・求人サイト
  • 旅行代理店
  • 地域ポータルサイト
  • カタログサイト
  • アフィリエイトブログ
  • ECサイト
かんた

試しにデモサイトを作ってみました↓

ECサイト定番プラグインのWooCommerceの商品検索なんかにも使えます。

【レビュー】VK Filter Search Proプラグインはメチャクチャ使いやすい

【レビュー】VK Filter Search Proプラグインはメチャクチャ使いやすい

買って良かった

一言でいえば高機能で感覚的に設定できるプラグイン

高機能なものってオプションがたくさんありすぎて操作が複雑だったりします。VK Filter Search Proはブロックエディター上でマウス操作だけで絞り込み検索フォームが作れます。

かんた

最近はやりのノーコードなプラグインです。

使い方のレビューをする前にVK Filter Search Proのデメリットを紹介します。

VK Filter Search Proのデメリット

まずはVK Filter Search Proのデメリットです。

  1. マニュアルが薄い
  2. 無料版のVK Filter Searchが必須
  3. カスタムフィールドは検索オプションに指定できない

バージョン1.6.1からカスタムフィールド対応になりました。

かんた

それぞれを解説します。

デメリット①:マニュアルが薄い

僕はかなりのオジサンなので、マニュアルをしっかり読み込み理解したい派です。

かんた

操作性に優れているプラグインなので直感的に操作できますが、ちょっと不安に感じました。

VK Filter Search Proのマニュアルは一般公開されているWebマニュアルのみです。VK Filter Search Proプラグインを購入しても別途もらえるわけではありません。

プラグインのWebマニュアル

デメリット②:無料版のVK Filter Searchが必須

追記:無料版のインストールが不要になりました。

VK Filter Search Proプラグインは単体では動きません。無料版のVK Filter Searchプラグインの拡張プラグインです。大前提として無料版のVK Filter Searchプラグインが必須です。

無料版はWordPress公式ディレクトリーに公開されています。

かんた

プラグインが増えすぎるの苦手なので、ちょっと嫌だなーと感じました。

VK Filter Search Proのメリット・感心した機能

VK Filter Searchのメリット・感心した機能

VK Filter Search Proを購入して良かったなと感じる点をシェアします。

メリット①:ノーコードで絞り込み検索が導入できる

基本何もコードをいじる必要はありません。

Youtubeの公式チャンネルでVK Filter Search Proで絞り込み検索フォームを設置する様子が確認できます。

簡単そうに見えますが、この通り簡単です。

基本的にコードをアレンジする必要性は一切ありません。

かんた

あえてコードが必要そうな場面があるとすれば、CSSでちょいと色合いを変えるといったぐらいです。

メリット②:絞り込みオプションは何個でも増設できる

絞り込みのオプションは何個でも増設できます。かなり嬉しいポイントです。

例えば不動産サイトなら「エリア」「最寄り駅」「家賃」「敷金の有無」など、かなりのオプションが必要になります。VK Filter Search Proは何個でも絞り込みの条件を追加できるので、妥協のない自分だけの絞り込み機能が楽ちんで実装できます。

ちなみにTCDテーマのGENSENの場合、検索オプションの上限は3つです。VK Filter Search Proは無制限、比較する大きな違いです。

絞り込み検索を設定する画面

このオプションはカテゴリー、タグだけでなく、タクソノミーもサポートしています。

初心者

タクソノミー?

タクソノミーはWordPressの分類機能の名称です。

タクソノミー

タクソノミーはテーマに直接コードを書くか、無料のCustom Post Type UIプラグインで設定できます。

かんた

コードが苦手な人でも大丈夫そうです。

メリット③:サイドバーなどにも表示できる

作成した絞り込み検索フォームはサイドバーやフッターなど任意の場所に設置できます。

SWELLならブログパーツ機能で絞り込み検索フォームを作り、その呼び出しコードをウィジェットに貼り付けるだけでフォームが表示されます。

ブログパーツ

名称は異なりますがSWELL以外でもブロックエディター対応テーマはほとんど同等の機能があります。

それらの機能で絞り込み検索フォームを作りウィジェットに貼り付ければウィジェット対応エリアに絞り込み検索フォームを表示できます。

絞り込み検索フォームを設置できる場所

  • 固定ページ
  • 投稿
  • ウィジェット(サイドバー、フッター等)

メリット④:カスタム投稿もサポートしている

カスタム投稿もサポートしている

VK Filter Search Proは任意のカスタム投稿だけを対象に絞り込み検索システムを作ることができます。

かんた

標準投稿をお知らせ系のコンテンツとして使っている場合は、新たにカスタム投稿を作ればOKです。

メリット⑤:日本の会社が開発しているという安心感

VK Filter Search Proプラグインは日本の会社が開発したプラグインです(開発会社は株式会社ベクトル)。

設定画面・マニュアルは全て日本語です。

WordPressのプラグインは海外製のものが主流です。どうしても日本人ユーザー向けのUIでないものが多く、微妙なズレがあるなと感じることがありました。

VK Filter Search Proプラグインは日本の会社が日本のユーザー向けに開発しています。当たり前のようですが管理画面の使いやすさは海外のプラグインとは全然違います。

メリット⑥:カスタムフィールドをサポート

バージョン1.6.1からカスタムフィールドを検索オプションにすることができます。

かんた

神アップデートです。

バージョン1.6以前はカスタムフォールドをサポートしていませんでした。他の絞り込み検索プラグインと比較して、ここだけ少し不満でしたが、もはやスキ無しといった印象。

検索オプションに指定可能な要素

  1. カテゴリー
  2. タグ
  3. ターム
  4. 日付
  5. カスタムフィールド

メリット⑦:ベクトル社以外のテーマでも動作する

ベクトル社以外のテーマでVK Filter Search Proが動作するかを確認しました。

かんた

手持ちのテーマで試した結果をシェアします。

テーマ名動作確認公式サイト
SWELLSWELL公式サイト
Nishiki ProNishiki Pro公式サイト
JINJIN公式サイト
STORK19STORK19公式サイト
CocoonCocoon公式サイト
SANGOSANGO公式サイト
AFFINGER6AFFIGNER5公式サイト
Arkhe Arkhe公式サイト
Snow Monkey Snow Mokey公式サイト
VK Filter Search Proが使えたテーマ

手元にあったテーマで全て動作しました

ベクトル社はLightningなどの有料テーマを販売している事業者です。「もしかしてベクトル社のテーマ以外ではVK Filter Search Proが動かないのかなー?」と心配していましたが、無事動作してくれました。

かんた

色んなテーマで使いたかったので嬉しい発見でした。

メリット⑧:日付での絞り込み検索にも対応している

メリット⑦:日付での絞り込み検索にも対応している

VK Filter Search Proバージョン1.5に追加された新機能です!

旅行会社のサイトで見かける、「カレンダーから日にちを選択するシステム」が使えます。

かんた

使ってみたけど、本当に便利だなと感じました。

日付で検索する機能のあるプラグインって、あまり見たことがありません。VK Filter Search Proより値段の高いFE Advanced Searchプラグインを買って調べてみましたが、この日付検索はありませんでした。

日付検索でこんなサイトが作れる!

  1. 旅行代理店
  2. ホテル・旅館
  3. イベント・セミナーまとめサイト

VK Filter Search無料版と有料版の違いを比較

無料版と有料版の違い

VK Filter Search Proは有料版だけでなく無料版も公開されています。

正直いって無料版で十分ならお金を払って有料版を購入したいとは思いません。

かんた

VK Filter Search Pro(有料版)とVK Filter Search(無料版)の違いを比較しました。

機能無料版有料版
グーテンベルグ対応
タクソノミー検索(カテゴリ・タグ・カスタム分類)
キーワード検索
対象投稿タイプの指定(投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプ)
検索結果ページにもフォームを挿入
投稿アーカイブページへの表示
チェックボタン・ラジオボタン
チェックボックス選択時の AND検索 / OR検索の設定
画面サイズ毎にブロック幅を設定
ラベル(項目名)の任意変更
日付検索
VK Filter Search無料版と有料版の比較

無料版と有料版の違いは一覧表の通り6つあります。

6つの違い

  1. チェックボタン・ラジオボタン
  2. チェックボックス選択時の AND検索 / OR検索の設定
  3. 画面サイズ毎にブロック幅を設定
  4. ラベル(項目名)の任意変更
  5. 日付検索
  6. カスタムフィールド
かんた

違いを全て説明します。

違い①:チェックボタン・ラジオボタン

ユーザーインターフェイス上での仕様です。

VK Filter Search無料版では絞り込みオプションの選択がプルダウンのみです。有料版はプルダウン、チェックボタン、ラジオボタンをサポートしています。

プルダウン

無料版でサポートしているのはこのプルダウン形式です。

プルダウン

セレクトボックス

有料版で使える機能です。

ラジオボタン

有料版で使える機能です。

セレクトボックス
比較無料版有料版
プルダウン
チェックボタン
ラジオボタン
選択オプションの違い
VK Filter Search Proの表示形式オプション
有料版のオプション選択画面

プルダウンの場合、複数同時に選択することができません

例えば不動産サイトを構築しているとします。

エリアに東京、神奈川件といった選択オプションがある場合にユーザーはどちらか一方した選択できません。ユーザーによっては、東京と神奈川県も選択したい場合がありますよね?

かんた

こういったケースでは複数同時にチェックできるチェックボックスが必須です。

VK Filter Search Proでチェックボックスを使う例
チェックボックス

違い②:チェックボックス選択時の AND検索 / OR検索の設定

有料版でサポートしているチェックボックス機能では、AND検索とOR検索が使えます

OR、ANDでの絞り込み
OR、ANDでの絞り込み

違い③:画面サイズ毎にブロック幅を設定

VK Filter Search Pro画面サイズ毎にブロック幅を設定
ブロック幅のオプション

PC、タブレット、スマホ時のデザインを調整するオプションです。わざわざコードで調整する必要がないのでかなり気に入りました。

かんた

これメチャクチャ便利です。

違い④:ラベル(項目名)の任意変更

有料版ではラベルの名称を変更できます。

ラベル(項目名)の任意変更
ラベル(項目名)の任意変更オプション

無料版ではタクソノミー名がそのまま表示されます。

もしカテゴリーやタグで分類する場合は「カテゴリー」「タグ」とそのまま表示されます。

無料版のラベル
無料版のラベル
かんた

無料版で「タグ」ってそのまま表示されるのは微妙な気がします。

違い⑤:日付検索

日付検索

有料版では日付検索が使えますが、無料版ではこの機能は一切使えません。旅行会社のツアーや、イベント系のサイトを作るなら日付検索は必須の機能。

かんた

これは結構大きな差だと感じます。

違い⑥:カスタムフィールド

有料版ではカスタムフィールドを検索オプションに指定できます。

カスタムフィールドはバージョン1.6.1からサポートされました。

不動産サイトなんかで、「家賃」「築年数」といったカスタムフィールドを設けて運用しているサイトだとカスタムフィールドでの絞り込み機能は必要になります。

VK Filter Search Proプラグイン料金とライセンス

VK Filter Search Proプラグイン料金とライセンス

VK Filter Search Proの料金とライセンスについてです。

かんた

サイトの受注制作をする人向け情報です。

【料金】VK Filter Search Proは買い切りタイプ

VK Filter Search Proは買い切りタイプのプラグインです。

サブスクではないので更新料金はありません。一度支払いをするだけでOKです

受注制作に使っても大丈夫?

VK Filter Search ProプラグインのライセンスはGPLです。

Web制作をしているフリーランサー、Web制作事業者がクライアントサイトを作るさいに使ってもOKです。

もちろん追加購入の必要はありません。

かんた

公式サイトの引用です↓

受託制作などの場合は別途費用が発生しますか?

弊社の製品はすべて100%GPLを遵守しております。受託案件でも自由に利用いただいてかまいません。

引用:FAQページ

複数サイトで使えるGPLライセンス

追加料金なしで複数サイトで使いまわしできます

初心者

本当?

かんた

販売サイト上にしっかり記載してあります↓

有償製品は複数のサイトに利用できますか?

弊社の製品はすべて100%GPLを遵守しております。利用者の使用を制限していません。複数のサイトで利用できますし、どのようなサイトにも利用できます。

引用:FAQページ

複数サイトで使う場合

VK Filter Search Proにはライセンスキー的なものはありません。購入時にダウンロードしたプラグインファイルをサイトにアップロードし有効化するだけです。

シリアル番号の入力といった、メンドウな作業はありません。

かんた

これはメチャクチャありがたい!

VK Filter Search Proの評判・口コミ

VK Filter Search Proの評判・口コミ

有料版を購入する前にVK Filter Search Proの評判・口コミをツイッターや検索で調べました。

口コミ・評判は少ない

参考になりそうなVK Filter Search Proの評判・口コミをネットで検索してみました。有料プラグインを購入する前に利用者の感想やレビューを読んで見たかったのですが、それらしき口コミは少ないです

ツイッター上では概ね評判が良い口コミが多く、ネガティブなものは見当たりませんでした。

かんた

リリースされたばかりのプラグインなので、まだユーザー数がすくないのかもしれません。

VK Filter Search Proを導入する方法

VK Filter Search Proを導入する方法

それではVK Filter Search Proプラグインの導入方法を紹介します。

公式サイトに移動します。

お買い物カゴに追加」をクリックします。

VK Filter Search Pro公式ページ
出典:株式会社ベクトル

お買い物カゴを表示」をクリックします。

出典:株式会社ベクトル

お支払いへ進む」をクリック。

出典:株式会社ベクトル

必要事項を入力します。名前とメールアドレスが必須です。

「追加情報」は何も入力しなくてOKです。同様に個人であれば会社名も無記入で問題ありません!

VK Filter Search Proの購入ステップ
出典:株式会社ベクトル

ページを下にスクロールし、支払いをしていきます。

出典:株式会社ベクトル

決済手段はPayPalかクレジットカードです。必要情報を入力したら「注文する」ボタンをクリックします。

数秒すると、支払い確認の画面が表示されます。

VK Filter Search Proプラグインのダウンロード
出典:株式会社ベクトル

VK Filter Search Proプラグインのダウンロードリンクが表示されます。クリックしてVK Filter Search Proプラグインを保存しましょう。

初心者

ダウンロードって一回だけしかできないの?

かんた

何回でもダウンロードできるよ!

VK Filter Search Proプラグインは次の方法でいつでもダウンロードできます。

VK Filter Search Pro

  • メール内のリンクからダウンロード
  • 公式サイトにログインしてマイページからダウンロード

ダウンロードしたファイルはzipファイル形式のファイルです。一般のプラグイン同様にWordPressダッシュボード上からアップロードしましょう。

かんた

以上で作業は完了です。

知っておくと便利なカスタマイズ

知っておくと便利なカスタマイズ

VK Filter Search Proを使ってみて、このカスタマイズは実用性が高いと思うものを紹介します。

検索結果の順番を並び替える

VK Filter Search Pro検索結果の順番を並び替える

VK Filter Search Proの検索フォームで絞り込み検索すると、検索条件にマッチした投稿が表示されます。

このページに、並び替えボタンを付けるというカスタマイズはけっこう実用性が高いなと感じます。Web制作の仕事をしていると、クライアントからこの手の実装について相談を受けることがあります。

以下のデモサイトは、この仕様を実装したものです。

並び替えボタンは検索結果テンプレート(search.php)による出力になるので、プラグインではなくテンプレート側での調整が必要です。

かんた

デモサイトで実装した並び替えボタンの作り方は次の記事で紹介しています。

まとめ

絞り込み検索プラグインVK Filter Search Proのレビューでした。

なかなか値段の高いプラグインで買う前に悩みましたが、購入してみて正解だったなと感じるプラグインでした。ノーコードで絞り込み検索が導入できる数少ないプラグイン。

満足度の高い買い物でした!

公式 VK Filter Search Pro(ブイケー・フィルター・サーチ・プロ)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
先頭へ
目次
閉じる