【SWELLとJINを比較】どっちがおススメのWordPressテーマか?

【デモサイトあり】SWELLで作ったお料理レシピブログのサプルデザインと作り方を紹介します。
初心者

SWELLとJINって、どう違うの?
初心者向けはどっちのテーマ?
SWELLとJINの両方を使った経験のある人の話をききたい…

その疑問に答えます。

僕はSWELLとJIN両方のテーマを使ってサイト運営しています。先に結論を書くとSWELLの方がかなり使いやすいと感じます。

JINは3年以上、SWELLは1年半以上使っていますが、「差はどんどん開いていく一方」というが正直な感想です。

JINは良いテーマなんですが、最近出回っているSWELLなどの新しいテーマを使うと、どうしても不便だなと感じる点が多くなってきました。

初心者

本当に両方のテーマ持ってるの?

かんた

もちろんです。
まずこのブログはSWELLです。
JINについては当ドメイン内にテストサイトを作っておきました。

この記事を書いた人
  • IT業界22年のベテラン エンジニア
  • WordPressで企業サイトの構築しています
  • 取り扱いWordPressテーマは300個オーバー
SWELLマニアの かんた です
目次

WordPressテーマ「SWELL」とは?

WordPressテーマ「SWELL」とは?

WordPress有料テーマのSWELL(スウェル)は2019年3月にリリースされた比較的新しいテーマです。

基本データ

スクロールできます
SWELL
販売事業者株式会社LOOS
テーマ販売日2019年3月10日
テーマ価格17,600円(税込み価格)
ライセンス複数サイトでの利用可(GPLライセンス)
サポートあり
公式サイトhttps://swell-theme.com/
SWELLの基本データ

SWELLで作ったデモサイトです↓

SWELLを使って、ブログと企業HPのデモサイトを作ってみました。SWELLはデザインの自由度が段違いなので、「カワイイ系」「カッチリしたコーポレート」「縦書きフォントの和風サイト」など自在なカスタマイズが可能です。

公式 WordPressテーマ「SWELL公式サイト」

WordPressテーマ「JIN」とは?

JINが向いている人

JINは、ひつじさんと赤石カズヤさんが開発したWordPressテーマです。

基本データ

スクロールできます
SWELL
販売事業者株式会社CrossPiece
テーマ販売日2018年3月11日
テーマ価格14,800円(税込み価格)
ライセンス複数サイトでの利用可
サポートあり
公式サイトhttps://jin-theme.com/
JINの基本データ

JINはふんわり優しい雰囲気のデザインが特徴。ヒトデブログを運営するブロガー、ヒトデさんのブログにも採用されています。ブロガー界隈ではとても知名度が高いテーマです。

JINユーザーだった僕がSWELLに移行した理由

仕事がら、たくさんのWordPressテーマを使った経験があります。JIN以外にもSWELL、AFFINGER6、SANGO、STORK19、THE THORなども持っています。

JINを使っていた時は我慢できないほどの不満はありませんでしたが、SWELLを試す機会がありJINと比較すると「だいぶ使い勝手が違うな」と驚きました。

SWELLを経験すると次の点がJINでは不便だなーと感じます。

JINの不満な点

  1. スマホ、PCなどデバイスごとの出し分け機能がない
  2. テーブルが使いにくい
  3. 画面の横幅いっぱいに表示するWordPress標準機能が使えない
  4. 吹き出しが使いにくい
  5. 繰り返し使うパーツの管理機能がない
  6. モバイルの表示スピードが遅い
  7. ブロックエディターが使いにくい
  8. カスタム投稿を追加すると、ターム名がテンプレートに表示されない
  9. アクションフックなどのカスタマイズ情報が公式サイトでヒットしない
  10. サイト型デザインを作るのにプログラムの知識が必要

エディターの使い勝手と機能は大きな差だとすぐに気づきます。

特にモバイル対応。

表で情報を見やすくまとめることって、ブログ記事だと当たり前の機能ですよね?PCだと見やすい表でも、スマホにすると横幅が狭いので、どうしても見づらくなります。

SWELLの表には「横スクロール機能」があります。「PCはスクロールなし」「スマホだけスクロール」など複数のオプションがあり、表ごとに調整できます↓

SWELLのスクロールオプション

この横スクロール機能はJINには付いていません。スクロール以外にもSWELLにはスマホ用の調整機能があるんですが、JINにはほとんどなくかなり不便だなと感じる点です。

SWELLとJINの違いを比較|どっちを選ぶ?

SWELLとJINを比較

まずは一覧でのSWELLとJINの比較です。

一覧比較表

SWELLJIN
販売会社株式会社LOOS株式会社CrossPiece
テーマ料金(税込み)17,600円14,800円
発売日2019年3月10日2018年3月11日
表示速度 5.0 / 5.0 3.5 / 5.0
記事の装飾機能 4.5 / 5.0 3.5 / 5.0
記事の書きやすさ 5.0 / 5.0 3.0 / 5.0
ブロックエディター対応対応一部対応
SEO対策のしやすさ 5.0 / 5.0 3.5 / 5.0
AMP対応非対応非対応
テーマ乗り換えサポートあり無し
サポートありあり
ライセンス複数サイト対応化複数サイト対応化
テーマ購入サイトSWELL公式ページJIN公式ページ
SWELLとJINの比較

テーマのバージョンについて

両テーマは記事執筆時に利用可能な最新バージョンで検証しています。
SWELL:2.6.4.2 /JIN:2.710

かんた

それぞれの違いを詳しく解説していきます。

【比較】JINとSWELLのエディターの違い

エディターの違いを比較

使いやすさ・機能でSWELLが「上」

SWELLもJINもWordPress標準のブロックエディター(グーテンベルク)対応テーマです。

ですが、SWELLとJINのエディター機能と使い勝手は大きく違います

SWELLは元からブロックエディターをターゲットに開発されたテーマ。

一方のJINはクラシックエディター向けに開発され販売されていたテーマ。

かんた

今現在、ブロックエディターに100%対応しているとは言えません。

JINはブロックエディターで使えない機能がある

どのテーマでも共通のことですがWordPressのブロックエディターでは、「WordPress標準の装飾機能」と、「テーマのオリジナル機能」が使えます。

初心者

標準機能と、テーマオリジナル?

かんた

次の画像は標準機能とオリジナルの違いです↓

標準の装飾機能はWordPressのデフォルトテーマで使える機能のこと↓

【比較】WordPressのコア

例えば「動画の埋め込み機能」なんかは、WordPressの標準機能です↓

動画の埋め込みブロック

WordPressの標準機能なので、どのテーマでも共通して使えます。

ここからがポイントです。

JINではWordPressの標準機能が一部使えません。

元々JINユーザーだった僕がJINに不満を持ったポイントの1つがこれ。

かんた

なぜかWordPress標準の機能で使えないものがあるんです。

一例をあげると、カバーブロックの配置オプション


カバーブロックは、動画を画像や背景に埋め込んだりするときに使う装飾機能です。背景が白で縦長なデザインって単調になりがちです。

そんな時にカバーブロックを使うと、メリハリをつけることができます。

以下カバーブロックのサンプルです↓

キャッチコピー

ロレム・イプサムの座り雨、トマ好き学習エリット、しかし時と活力、そのような躍動と楽しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。

キャッチコピー

ロレム・イプサムの座り雨、トマ好き学習エリット、しかし時と活力、そのような躍動と楽しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。

キャッチコピー

ロレム・イプサムの座り雨、トマ好き学習エリット、しかし時と活力、そのような躍動と楽しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。

キャッチコピー

ロレム・イプサムの座り雨、トマ好き学習エリット、しかし時と活力、そのような躍動と楽しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。

キャッチコピー

ロレム・イプサムの座り雨、トマ好き学習エリット、しかし時と活力、そのような躍動と楽しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。

キャッチコピー

ロレム・イプサムの座り雨、トマ好き学習エリット、しかし時と活力、そのような躍動と楽しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。

カバーブロックの背景を、コンテンツ幅ではなく、画面横幅いっぱいに表示しています。カバーブロックには、幅のサイズを調整するオプションが用意されています。

表示幅のオプションで「全幅」を指定するだけで、サンプルのように画面いっぱいに背景を広げることができます↓

カバーブロックで全幅を指定

JINの場合、背景を横幅いっぱいに広げる「全幅」がありません。

JINのカバーブロックには横幅で全幅指定できない

カバーブロックの全幅オプションは、デフォルトテーマでも搭載されている標準機能です。WordPressの公式マニュアルにも解説記事のある機能なんですが、JINでは使えません….

無料テーマでも使える機能が1万円以上する有料テーマのJINで使えないのがかなり不満でした。

SWELLのほうが直感的な作業ができる

初心者

直感的?同じブロックエディターなのにどんな風に違うの?

かんた

いつくか具体例をお見せします。

SWELのエディター画面

記事に「色」を付ける装飾についてです。

SWELLの編集フロー
かんた

画面の右に装飾のオプションがプレビューされます。
好きな色を選べばOK。
装飾の枠のスタイルもこの画面から選択できる仕様。

ここがポイント

  • 装飾の一覧がグラフィックで表示される
  • 枠線のスタイルもこの画面から指定できる

JINのエディター画面

こちらはJINのエディター上で装飾を編集している画面です↓

JINの装飾フロー

右側の装飾オプションに注目です。

ボックスデザインをクリックすると、選択可能な装飾の一覧が表示されます。ですが、全て文字です。「あの装飾ってどれだっけ?」と、ふと忘れてしまうことがあります。

かんた

しかも装飾の線の色をエディター上から変更できません。

ここがイマイチ

  • 装飾の種類が文字で表示されている(選択してみない区別が付かない)
  • 枠線の種類を設定するオプションがない
エディターについて
  • SWELL、JINともににブロックエディターに対応
  • SWELLの方が使いやすい

【比較】記事の装飾機能の違い

記事を装飾する機能の違いを比較

JIN、SWELLの装飾機能の差を比較します。

比較のポイント

  1. オリジナルブロックの違い
  2. ブロックボックスの違い

①オリジナルブロックの差を比較

SWEL、JIN両テーマともにオリジナルブロックが用意されています。

オリジナルブロックとはテーマ固有の機能のことで、記事に装飾する「ふきだし」「タブ」「ブログカード」などが一例です。

オリジナルブロックの数はSWELLが20個、JINが11個です。

SWELLJIN
オリジナルブロックの数20個11個
SWELLとJINのオリジナルブロックの違い
かんた

オリジナルブロックエディターの数では、SWELLが勝っています。

SWELLオリジナルブロック

SWELLのオリジナルブロック
SWELLオリジナルブロック
SWELLオリジナルブロック
  1. リスト入りグループ
  2. アコーディオン
  3. ABテスト
  4. バナーリンク
  5. ボックスメニュー
  6. SWELLボタン
  7. キャプションボックス
  8. リッチカラム
  9. 説明リスト(DL)
  10. FAQ
  11. フルワイド
  12. ステップ
  13. タブ
  14. 広告タグ
  15. ふきだし
  16. ブログパーツ
  17. 投稿リスト
  18. 関連記事
  19. 制限エリア
  20. RSS

SWELLのオリジナルブロックは数も多く実用的なものが多くかなり便利です。

かんた

SWELLオリジナルブロックの詳細は公式サイトで詳しく紹介しています。

JINオリジナルブロック

JINオリジナルブロック一覧
JINオリジナルブロック
JINオリジナルキャプション
  1. シンプルボックス
  2. 見出し付きボックス
  3. アイコンボックス
  4. シンプルボタン
  5. リッチボタン
  6. 吹き出し
  7. ブログカード
  8. 余白
  9. 区切り線
  10. ランキング
  11. 横並びボタン

②段落ブロックの装飾機能を比較

段落ブロックはテキストを装飾する機能ことです。SWELLはブロックボックスを拡張していますが、SWELLの段落ブロックの装飾機能はメチャクチャ凄いです

かんた

SWELLとJINを比較する前にまずはWordPress標準テーマの装飾機能を見てみましょう↓

↓動く画像です↓

デフォルトテーマ
かんた

画面の右に表示されるのが段落ブロック装飾機能です。
WordPress標準では、フォントサイズを変更するぐらいのオプションしかありません。

続いてSWELLの段落ブロックの画面です。先ほどと同じく動く画像で紹介します↓

SWELLのブロック装飾機能の画面
かんた

右側の装飾オプションに注目です。
メチャクチャ種類が豊富です。しかも、クリックすると装飾がエディター画面にそのまま表示されます。

最後にJINですが、JINのブロックボックス装飾機能はWordPress標準と同じです。

SWELL、JIN両方を使っての比較ですがエディターの装飾の種類については圧倒的にSWELLが上でした

【比較】SEO対策用オプションの違い

SEOの設定項目の違いを比較
SWELLJIN
SEO対策のしやすさ 5.0 / 5.0 3.5 / 5.0

サイト運営で大事なSEO対策についてです。

SWELLの方が機能的に上です

SWELLを使うと検索エンジン上位に表示されやすいとかそういう話ではありません。ですが、専門知識がなくても、SEO対策をしやすい機能をSWELLは標準搭載しています。

ポイント

  1. JSON-LD構造化データ
  2. サイトの高速化オプション
かんた

それぞれを解説します。

Googleの検索結果で目立つことでクリック率があがる

SWELLには「JSON-LD」を自動生成する機能が付いています。

JSON-LD(ジェイソンエルディー)はGoogleが推奨している技術で、有効化すると次のメリットがあります。

JSON-LDのメリット

  1. 検索結果で目立つ(クリック率が上がる)
  2. 検索エンジンに記事の中身を伝えやすい
初心者

仕組みがよく分からない….

かんた

そんな人のために、具体例を紹介します↓

次の画像はGoogleで「SWELL LPサイト」と検索した画面です↓

JSON-LD有効時の検索結果

一番上の記事がSWELLを使って投稿した記事なのですが、検索結果に「アコーディオン」が表示されています。これがJSON-LDの効果です。

検索ページで他の記事よりスペースを専有するので、相対的に他の記事より目立ちクリック率の上昇が見込めます。

実は、アコーディオンの中にアフィリエイトリンクを仕込むことができます。わざわざ記事に移動しなくても、リンクをクリックしてもらえるため、アフィリエイト報酬が発生しやすい構造を作ることができます。

検索結果
かんた

ちなみにこの機能は、JINにはありません。

SEO設定オプションはほとんど同じ

最近のWordPress有料テーマは内部SEOの基本をカバーしているものばかりです。SWELLとJINもSEO設定オプションとして「meta tile」「 meta description」の設定が記事とアーカイブページ単位で行えます。

トップぺージのSEO項目

設定項目SWELLJIN
meta tile
meta description
SEO設定オプションの違い(トップページ)

固定ページ・記事ページのSEO項目

設定項目SWELLJIN
meta tile
meta description
meta keywords
index設定
SEO設定オプションの違い(記事・固定ページ)

カテゴリー、タグ等のアーカイブのSEO項目

設定項目SWELLJIN
meta tile
meta description
index設定
SEO設定オプションの違い(アーカイブページ)

※SWELLのSEO設定オプションについての注意

metaまわりの設定についてはSEO SIMPLE PACKプラグインを使うことを前提としているテーマです。SEO SIMPLE PACKプラグインはSWELLテーマの開発者さんが提供しているプラグインでSWELLとの互換性が100%。今回の比較ではSEO SIMPLE PACKプラグインを有効化した状態で調査しています。

WordPress公式ディレクトリー:SEO SIMPLE PACK

【比較】サイトの表示スピードの違い

サイト表示速度の差をデータで比較

SWELLの方が早い

測定したツールはグーグルのPageSpeed Insightsです。クリーンインストールしたワードプレス上にSWELLとJINのテストサイトを作りました。トップページだけでなく、固定ページ、記事ページ、アーカイブページを各5回ずつ測定しました(1サイト=20回の計測です)。

表示速度の調査結果(パソコンサイト)
SWELL
95点
JIN
95点
表示速度の調査結果(スマホサイト)
SWELL
93点
JIN
71点
検証環境
測定ツールPageSpeed Insights
レンタルサーバー共有サーバー(エックスサーバー)
ワードプレスバージョン5.6(検証時に時利用可能な最新バージョン)
PHP7.4.4
テーマJIN:2.360
SWELL:2.2.9.1
テーマの設定初期設定
投稿・固定ページWordPressインストール時のサンプル投稿、サンプルページのみ
テーマ表示速度を測定する検証環境

テーマについて

  • 測定日に利用可能な最新バージョンを使っています。
  • 設定の変更はしていません。
かんた

パソコンサイトの測定結果です。

SWELLの表示速度データ

SWELLの平均値は95です。

スクロールできます
ページ1回目2回目3回目4回目5回目平均値
トップページ978998929795
固定ページ869997899293
アーカイブ978699989695
記事ページ989298979796
SWELLの表示速度(パソコン版)

JINの表示速度データ

JINの平均値は95です。SWELLと同じスコアです。

スクロールできます
ページ1回目2回目3回目4回目5回目平均値
トップページ809797969894
固定ページ969097959595
アーカイブ979898989898
記事ページ959092989193
JINの表示速度(パソコン版)

表示速度の結果

  • パソコンサイトではSWELL、JINと同じ結果でした。
  • スマホサイトについはSWELLが圧倒しました。

AFFINGER、THE THOR、賢威など他のWordPressテーマの表示速度についても比較しました。

SWELLの表示速度と他の有料テーマの表示速度の比較

【比較】デザインの違い

デザインの違いを比較

SWELL、JINのデザインの違いを比較していきます。

SWELLのデザインの特徴

シンプル美と機能性の両立

まさにシンプル美と機能性の両立。これSWELLのキャッチコピーです。SWELLはシンプルながらキレのあるデザイン性が特徴です。AFFINGERや賢威シリーズのようなコテコテのブログ感はありません。「全画面動画表示機能」やSWEL固有のコアブロックの1つ「フルワイドブロック」でインパクトのあるサイトを初心者でもデザインすることができます。

ブログだけでなくサイト型のコーポレートサイトもSWELLなら実現可能です。

デモサイトNo.1」を見る
デモサイトNo.2」を見る
デモサイトNo.3」を見る
デモサイトNo.4」を見る
デモサイトNo.5」を見る
デモサイトNo.6」を見る

SWELL公式:デモサイト一覧ページ

【無料】デザイン着せ替えデータ

SWELLは「着せ替えデータ」を無料配布しています。SWELLを有効化したサイトで着せ替えデータを読み込むとデモサイトと同じデザインを再現できます

かんた

着せ替えデータを読み込んだ後、自由にアレンジしてもOK!

モサイトのデザイン着せ替えファイルページ

着せ替えデータはSWELL購入後、会員ページから無料でダウンロードできます。
ダウンロードの回数に制限はありません。自分の好みにあうデザインを探しましょう!

JINのデザインの特徴

柔らかくガーリーなデザイン

JINは丸みがあり温かみを感じるユニークなデザインが特徴。アニメーション機能でちょっとした動きのあるサイトデザインを初心者でも作ることができます。

有料テーマはブログ感の強いデザインが多くあまりオシャレでないものが多いです。JINは有料テーマの中で抜群のデザイン性をほこるテーマ。「なんかおしゃれなブログだな」と目が留まるブログはだいたいJINだったりします。

とくにかくJIN公式サイトにあるデモデザインが素敵!

JINデモサイトNo.1」を見る
JINデモサイトNo.2」を見る
JINデモサイトNo.3」を見る
JINデモサイトNo.3」を見る
JINデモサイトNo.5」を見る
JINデモサイトNo.6」を見る
【無料】センス抜群の着せ替えテーマが利用できる
初心者

JINのデモサイトみたいなデザインにしたいなー。初心者のボクでもできるかな?

かんた

デモサイトのデータは無料で利用できるよ!
着せ替えデータが無料で公開されているから、読み込みだけでデモサイトと同じデザインでブログを始めることができるんだ。

JINのデモサイト一覧ページには12パターンのデモサイトがあります。このうちなんと11個が無料(ほぼ全部)で着せ替えデータが利用できます。

JIN公式:デモ一覧ページ

【比較】AMP・PWA対応の違い

AMP・PWA対応の差を比較

両テーマともにAMP、PWA対応していません。

SWELLJIN
AMP対応
PWA対応
AMP・PWA対応の有無

AMP、PWAはモバイルサイトを高速で表示させる新型テクノロジーのことです。ここ数年グーグルが推奨している技術で、一部のWordPressテーマでは対応を開始ています。

今回比較対象のJIN、SWELLはAMP、PWA対応していません。

AMP対応テーマ:THE THOR、Diver、AFFIGNER5(ベータ版)
PWA対応テーマ:THE THOR

【比較】料金の違い

料金の違いを比較

JINのほうが安い

その差は2,800円。JINのほうが安いです。

SWELLJIN
17,600円14,800円
SWELLとJINの料金の差。料金は税込み

SWELL、JINともに買い切りタイプです。1度料金を支払うだけでなので、毎月料金はかかりません

一部のWordPressテーマは、拡張プログラムが有料で販売されています。例えばAFFINGERシリーズですね。吹き出しが登録できる上限が設定されていて、無制限にするには追加プログラム(2,980 円)が別途必要といったシステムです。

SWELL、JINはそういった制限や追加の有料プログラムはありません

かんた

安心ですね!

SWELL、JINともに公式サイトでのみ販売しています。「ブログのサポート」「コンサル」といった抱き合わせで商売している人がいるようです。ですが、テーマの利用規約上その手の行為は禁止されています。テーマ購入の際は公式サイトから正規品を購入しましょう

テーマ購入方法の違い

SWEL、JINともに公式方法からオンライン決済で購入する仕組みです。クレジット決済に対応していますが、銀行振り込みには対応していません。

決済方法SWELLJIN
クレジットカードJCB / VISA / Mastercard / AmexVISA / Mastercard / Amex
銀行振り込み
その他バンドルカードVプリカ
SWELL、JINの決済方法

領収書について

クレジットカード支払いの明細が領収書代わりになります。
参考:クレジットカードの利用明細書によって経費を計上(三井住友カード運営メディア)

テーマの受け取り方の違い

SWELL、JINともに決済完了後、ダウンロードしてテーマを受け取る仕組みです。

JINのダウンロードリンクは購入時に登録するメールアドレスに記載してあります。SWELLは購入時に登録したメールに記載してある他、会員登録するとマイページからいつでもテーマをダウロードできます。

かんた

SWELL、JINともにダウンロード期限はありません。何回でもダウンロードできます。

【比較】JINとSWELLのサポートの違い

サポートの違いを比較
比較項目SWELLJIN
Webマニュアル
フォーラム
テーマのアップデート
総合評価
SWELLとJINのサポートを比較

SWELL、JINのテーマを購入するとサポートがついていますが。両テーマの利用者として、SWELLのサポートのほうが上だと判断します。理由はSWELL開発者さん自らユーザーと向き合い、問題を解決しようとする姿勢が見えるからです

初心者

サポートって何?

かんた

「テーマの設定方法が分からない!」「バグかな?」って時に助けてくれることだよ!

Webマニュアルを比較

SWELL、JINともに操作方法を画像や動画で解説しているWebマニュアルがあります。

Webマニュアルはテーマ購入者以外でも閲覧できます。

フォーラムを比較

SWELL、JINには会員フォーラムがあります。テーマの操作方法、不具合の投稿をするシステムです。SWELL、JINともに購入前でも閲覧できますが、会員登録したユーザー以外質問を投稿することはできません

かんた

僕はSWELLのフォーラムを使ったことがあります。ちょっとした不具合でしたが、投稿から1時間42分後に不具合を修正したテーマを作ってもらいました!対応の速さにビックリした経験があります。

ちなみに僕はSWELL以外のテーマを保有しています。それぞれテーマの会員フォーラムを利用していますが、SWELLが一番感じが良い場所だなと感じます。テーマ開発者さんのリプが早く、フォーラム利用者の人の言葉遣いも丁寧。温かい温度を感じる場です。

他の有料テーマの場合、必ずしも質問しやすい雰囲気ではありません

【口コミ・評判】SWELLのサポート

SWELLのサポートはネットで評判が非常に高いです。

【比較】テーマのアップデートの違い

「新機能の追加」「不具合解消」。不定期にテーマのアップデートが提供されます。

SWELL、JINともにテーマのアップデートは無料です。

かんた

テーマのアップデート頻度を比較すると、SWELLのほうが多いです。

【比較】JINとSWELLのライセンスの違い

ライセンスの違いを比較
比較内容SWELLJIN
自分のサイト複数サイト制作OK複数サイト制作OK
第三者のサイト複数サイト制作OK別途ライセンス購入
制作がNGなジャンル制限なし制限なし
SWELLとJINのライセンスの違い

SWELLとJINのライセンスについてです。複数のサイトを作る予定の人や、Web制作事業としてクライアントサイトを作る可能性がある人は要チェックです。

かんた

それぞれの違いを比較していきます。

自分のサイトを複数作ってもOKか?

複数のサイト展開を予定している人にとっては重要な確認ポイントです。

結論:問題なし!

SWELL、JINともに自分のサイトについては複数のサイトを作っても問題ないライセンスです。公式サイトを確認して、複数サイトでの利用ができることを確認しました。

かんた

SWELL、JIN公式サイトにしっかり明記してあるよ!

SWELL:複数サイトでの利用について

質問:複数のサイトでも使えますか?

もちろんです。

SWELLは100%GPLのWordPressテーマですので、一切の制限なくご利用いただけます。

SWELL公式トップページ:よくある質問

JIN:テーマご利用について

1回の購入で複数サイトにご利用可能です。

JIN購入にあたっての注意事項 (ご利用規約)

SWELLとJINのライセンス上、1つのテーマを購入すれば複数サイトを作ってもOKです。他のテーマについては1サイトごとに1テーマの購入となっているものがあります。WordPress購入に際にはライセンスに注意しましょう。

第三者のサイトは制作しても大丈夫?

Web制作会社や、フリーランサーが有料テーマを使ってクライアントのサイトを作る場合のライセンスです。

SWELLはOK。JINはクライアントライセンスが必要

SWELLは受注案件でのサイト制作をする場合、追加テーマ(ライセンス)購入の必要はありません

初心者

ほんと?

かんた

SWELL購入者限定でアクセスできる会員フォーラムに開発者さんが返答してたよ!

SWELLのライセンスの詳細について別記事にまとめました。受注案件でサイト制作している人はご覧ください。

JINは1クライアントあたり1ライセンスの追加購入が必要です。追加ライセンスとはテーマを追加で購入するという意味です。

JINで「第三者のサイト」を作成する場合

JIN購入者様が「第三者のサイト」をJINで制作していただくことも可能です。

その場合、1クライアントあたり1ライセンスを購入していただく必要がございます。但し、第三者の方がすでにJINユーザーである場合は、ライセンス購入は必要ありません。

JIN購入にあたっての注意事項 (ご利用規約)

制作NGなジャンルはあるの?

SWELL、JIN両テーマとも制作を禁止しているジャンルはありません。

それぞれの公式サイト、公式フォーラムに記載しています。

SWELL:テーマ利用規約

テーマご利用について
利用者は、本テーマをどのようなジャンルのサイトでも利用できます。

SWELL公式ページ:ご利用規約

JIN:アダルトサイトでの利用

質問:JINのテンプレートはアダルトサイトでも利用できますか?もちろん日本の法律の範囲内でのアダルトサイトです。

返答:アダルトサイトでの利用についてですが、JINのイメージ上の観点から公式上では利用の許可については記載しておりません。JINをご購入いただいた時点で、ご利用の範囲はユーザー様におまかせしております。

JINフォーラム
かんた

一部のテーマはブランディングの観点からか、アダルト系サイトの制作を禁止しているものがあります。SWELLとJINはそういった制限はありません。

SWELL向けの人

SWELL向けの人

次に当てはまる人は『SWELL』が向いています。

SWELL向けの人

  • Web事業者で外注案件で使えるWordPressテーマを探している人
  • シンプルでキレのあるデザインのほうが好き
  • ブロックエディターに慣れている人
  • ブログ記事の執筆速度をあげたい人
  • SWELLテーマをアフィリエイト販売したい人

SWELLの購入方法については次の記事で解説しています。どこからSWELLを購入したらいいか不安な人はご覧ください。

【失敗しない】SWELLの購入方法を解説!

SWELL購入後の設定については次の記事で紹介しています。

【初心者向け解説】SWELLの初期設定方法を解説

JINが向いている人

JINが向いている人

次に当てはまる人は『JIN』が向いています。

JIN向けの人

  • フンワリした、かわいらしいデザインが好きな人

まとめ

WordPress有料テーマのSWELLとJINを比較しました。

どっちのテーマにすべきか悩んでいる!」そんな人のお役に立てれば幸いです。JINとSWELLは両方良いテーマだと思います。現時点ではエディターが使いやすくSWELLがオススメです。

記事を書く時のちょっとした違和感って結構なストレスになります。JINはブロックエディターに100%対応していないので、クラシックエディターに切り替えたりするのが面倒でした。JINはデザインが素晴らしいのにそこが残念だなと思います。

SWELLJIN
販売会社株式会社LOOS株式会社CrossPiece
テーマ料金(税込み)17,600円14,800円
発売日2019年3月10日2018年3月11日
表示速度 5.0 / 5.0 3.5 / 5.0
記事の装飾機能 4.5 / 5.0 3.5 / 5.0
記事の書きやすさ 5.0 / 5.0 3.0 / 5.0
ブロックエディター対応対応一部対応
SEO対策のしやすさ 5.0 / 5.0 3.5 / 5.0
AMP対応非対応非対応
テーマ乗り換えサポートあり無し
サポートありあり
ライセンス複数サイト対応化複数サイト対応化
テーマ購入サイトSWELL公式ページJIN公式ページ
SWELLとJINの比較

公式 WordPressテーマ「SWELL公式サイト」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次